「Snipping Tool」で作成した画像を編集する

~ITの窓口スタッフで使用している便利機能を紹介します~

以前、「Snipping Tool」を利用して、
アクティブな画面を画像として保存する方法を紹介しました。
  ⇒過去の記事【「Snipping Tool」で任意の範囲の画面キャプチャを取る】へ

 

今回は、「Snipping Tool」で作成した画像に
ペンや蛍光ペンを用いて文字や画像を強調する方法と消しゴムの使い方を紹介します。


 Windows10の手順は、以下の通りです。

ペンを用いて編集する

  1. 「Snipping Tool」で画像を作成します。
  2. [ペン]アイコンをクリックするとカーソルが変更します。


  3. マウスをドラッグするとカーソルに合わせて線が引かれます。
    任意の箇所に文字を書いたり、線を引くことができます。


  4. ペンの色を変更する場合、[ペン]アイコン横の▼をクリックします。

  5. [カスタマイズ]をクリックします。


  6. [カスタマイズ]ダイアログが表示されるので、任意の色や幅に変更し、[OK]ボタンをクリックします。


  7. カーソルの色や幅が変更します。
    再度、マウスをドラッグして画像を編集します。

 

蛍光ペンを用いて編集する

  1. 「Snipping Tool」で画像を作成します。
  2. [蛍光ペン]アイコンをクリックするとカーソルが変更します。


  3. マウスをドラッグするとカーソルに合わせて線が引かれます。
    任意の箇所に線を引くことができます。


    蛍光ペンは色や幅は変更できないようです。

 

消しゴムの使い方

  1. [消しゴム]アイコンをクリックするとカーソルが変更します。

  2. ペンや蛍光ペンを使って編集した箇所にカーソルを移動し、クリックします。

  3. 編集した箇所が取り消されました。

 

 

☆☆ブログ内容への質問や追加説明をご希望の方は 【問い合わせフォーム】 こちら からお気軽にお問い合わせください☆☆