ExcelファイルをPDFに変換 ~エクスポート/保存と送信~

~ITの窓口スタッフで使用している便利機能を紹介します~

先日お届けしたExcelの資料をPDFに変換する2つ目の方法です。
この方法はExcel2013と2010で一部の画面が大きく異なるので、それぞれのバージョンごとにご紹介します。

前回(名前を付けて保存)はこちら

[エクスポート](Excel2013)・[保存と送信](Excel2010)からPDFにする方法

 ※1~4までの手順は前回(名前を付けて保存)と同じ内容を再掲します。

 また画面が大きく異なる部分は分けて説明します。
 Excel2013での説明は5~8
 Excel2010での説明は9~13
 該当バーションの記事を参照してください。

【PDF化するExcelシートの選択と画面調整】

  1. 対象のExcelファイルを開き、PDF変換したいシートを選択します。
    (この例では[To・Doリスト]を選択しています。)

  2. エクセル画面の右下にある「改ページ プレビュー」をクリックします。

  3. ページ分割の編集画面になります。
    以下の画像の状態では、青い点線と実線で分割されている通り、4ページのPDFが生成されます。
    今回は1ページのPDFにしたいので、青い点線と実線を動かして1ページに設定します。



    【範囲設定後:1ページの状態】

  4. リボンの [ファイル]タブをクリックします。

    【Excel2013の場合「エクスポート」でPDFに変換する】
     *Excel2010の場合はこちらへ

  5. [エクスポート] をクリックします。

  6. [PDF/XPSの作成] をクリックします。

  7. ファイルの種類は「PDF(*.pdf)」となっています。(そのまま変更しないでください)
     必要であればファイル名を変更します。(例では[サンプル.pdf]としています。)
    ②「発行」ボタンをクリックします。

  8. 指定したフォルダ内にPDFファイルが生成されます。


    【Excel2010の場合「保存と送信」でPDFに変換する】
     *Excel2013の場合はこちらへ

  9. [保存と送信]をクリックします。

  10. [PDF/XPS ドキュメントの作成]をクリックします。

  11. [PDF/XPSの作成]をクリックします。

  12. ①ファイルの種類は「PDF(*.pdf)」となっています。(そのまま変更しないでください)
     必要であればファイル名を変更します。(例では[サンプル.pdf]としています。)
    ②「発行」ボタンをクリックします。

  13. 指定したフォルダ内にPDFファイルが生成されます。

 

☆☆ブログ内容への質問や追加説明をご希望の方は 【問い合わせフォーム】 こちら からお気軽にお問い合わせください☆☆