まいと~く FAX Server 7」は、FAXの送信受信を電子化します。
FAXのペーパーレス化で業務の効率化とコストの削減を実現します。

このようなお困りごとに対応します!

man_worry

fax_system
まいと~く FAX Server は 株式会社インターコム の製品です。
株式会社シーイーシーカスタマサービスは、株式会社インターコムのソリューションパートナーです。

FAX受信を自席でタイムリーに知りたい

FAXを受信してもFAX機のトレイに残ったまま。お客様から「FAX届きましたか?」と言われないよう 頻繁にトレイを覗かないとならず、効率が悪い。
自席に座ったまま、FAXを受信したら即時に知ることができたらいいのに。
FAXの受信時に、「通知領域アイコンのアクティブ化」 「通知領域にメッセージ表示」 「ポップアップメッセージ」 の3つの方法から選択して受信通知が可能です。
すばやい処理が必要な受注・出荷業務などの場面で役立ちます。 feature006_1 feature006_2

様々な宛先からのFAXが混じってFAXトレイがゴチャゴチャ

FAX機のトレイに受信したFAXが溜まってゴチャゴチャに。受信先や担当者ごとに振り分けるのが結構な手間になってしまう。
発信者番号やFAXID、Fコード、受信回線(ポート)によって受信したFAXを各クライアントにデータを振り分けたり、特定のプリンタへ配信して自動印刷することもできます。トレイに受信したFAX用紙が溜まることがないのでスッキリ! illust005

過去に受信したFAXの整理や管理が大変

受信したFAXはとりあえずすべて保管しているが、日付やお客様毎に管理するのが大変。過去のFAXが必要になっても、探すのに一苦労。
エクスプローラ風の画面で、受信送信履歴が一目瞭然。発信者番号やFAXID、Fコード、通信ポート(回線)で自動振り分けし、顧客、担当部署など任意に作成したフォルダを共有することもできます。
feature001

業務システムで書類を作成し、即FAX送信したい

業務システムで作成した書類をFAX送信するためだけに一旦印刷しています。時間も紙も無駄なのでなんとかしたい。
業務システムとも連携可能です。CSVファイルの受け渡しを業務システムに追加するだけで、複数の宛先へ異なる帳票を順次FAX送信するシステムを作成できます。規定フォルダに送信原稿ファイルのパスや送信先情報(FAX番号、会社名、名前など)を格納したCSVファイルを保存すると、各宛先にそれぞれ指定した原稿を自動的に送信できます。送信先にインターネットFAX(Eメールの添付ファイルとして)も指定することが可能です。送信結果は、送信後に作成される送信結果ファイルで確認することができます。
illust002

導入実績例

業種会社規模主な利用内容
コールセンター社員数:1,250名USB4回線版。受信したFAXをPDF変換して保存、自動返信。
製薬会社社員数:7,000人シリアルデバイス4回線版を2拠点。他システム連携によりFAX一括送信。
特殊精密機械製作社員数:15名旧バージョン(バージョン6)から現行バージョン(バージョン7)へのデータ移行。
乾麺製造販売資本金:3,600万円通信販売のインターネット受注。受信FAXをPDF変換して保存。
公的機関公益財団法人登録企業へお知らせの一斉配信。
化粧品製造販売資本金:3,000万円販売店からの受注FAXを営業担当者ごとのフォルダに分けて保存。
他多数

freecall_btn