IT化導入支援サービス

C-RPA
(定型業務自動化支援)

RPAによる定型業務の自動化を支援し、
業務効率化と業務負荷の軽減を実現いたします。

製品紹介

世の中は「ムダ・ムリ・ムラ」を排除する風潮にあります。そんな中、情報をコピーしてExcelにペーストする、といった定型業務の繰り返しで貴重な労働時間を消費するのは非常に非効率的だと思いませんか?こうした定型業務は、ロボット(RPA)を用いることで自動化することができます。RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、人の判断を仰がなければならないような複雑な業務は不得意ですが、決められた作業であれば効率よくこなしていくことができるツールです。当社では、RPAテクノロジーズ社のRPA製品「BizRobo!」を使用して、RPAの推進を図っております。


特長

RPAができること

「Yahoo!JAPAN」から株価情報をTop50まで取得しExcelファイルを生成


「Yahoo!JAPAN」内の株価情報ページから株式ランキングTop50の情報を取得してExcelに書き込むことが可能です。
また、日次でExcelファイルを生成することもできます。

クリックなどの動作をRPAで代行


Excelでの作業時に「A1のセルはテキスト1行目。A2のセルはテキスト2行目…」など繰り返し行う動きはRPAで代行することができます。Microsoft Windows上で動作するプログラムであれば基本的には対応可能です。

ブラウザでしか取得できないユーザー数を記録


たとえば、ネットワーク監視機器において利用ユーザー数を取得できず、ブラウザログインでのみ確認することができる場合に、該当ユーザー数をExcelに書き込んで記録することができます。

PAGE TOP