品質支援サービス

IoTシステム検証サービス

IoTシステムの検証もお任せください!
当社独自の検証方法でIoTにおける品質向上に貢献致します!

当社IoTシステム検証が実現するもの

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)製品は、あらゆるモノとモノ、あるいは人が繋がることが前提にあるものです。
それらを考えた場合、安全安心を脅かす様々な事故や責任問題などの発生が懸念されます。
よって、接続相手・セキュリティへの考慮や対策、長期利用を前提としライフサイクルを見通した品質確保の仕組みが必要になります。

当社のIoTシステム検証では、当社独自のメソッドと検証経験により、これらのリスクに配慮した検証を実現します。

IoTシステムにおける代表的な検証ポイント

IoTシステム全体では多様な機器・システムが繋がっており、それぞれにリスクまたは検証ポイントが異なってきます。
お客様の開発・管理される機器・システムに応じた検証が必要です。

IoTシステム検証の具体例

様々な環境下での障害検出

見守り給湯ポットのような止まることが許されないシステムでは、障害があった場合に素早く検出することが重要です。
環境構成やエラーの種類/発生場所を考慮した検証が必要となります。

長期間の連続運用

トマト育成を監視するような長期間にわたる連続運用が想定されるシステムでは、長期間稼働できることや、バックアップ代替え稼働が重要です。
最大稼働期間や、止まらずに動作することを想定した検証が必要となります。

様々な侵入経路に対するセキュリティ対策

顧客管理システムなど、お客様の個人情報を大量に扱うシステムでは情報流出に備えたセキュリティ対策が必要です。
侵入経路、侵入方法などを考慮した検証が必要となります。

当社独自のIoTシステム検証

当社が提供するIoT製品に対する検証サービスは、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)などで提言されているIoT製品向けのテスト観点と、ソフトウェアの製品品質要求と検証に関して規定した国際規格であるSQuaREをベースにIoT製品の利用シーンを当社独自のメソッドと検証経験を基に最適化した、より効果の高い効率的なものとなります。

・IPAの品質ガイドラインから抽出したテスト観点
・国際規格(SQuaRE)の品質基準
・IoT製品ごとの利用シーンを想定したテスト観点
→上記を当社独自のメソッドと検証経験を基に最適化

3つの軸から対象となる製品やサービスに対して、優先すべきテスト観点を絞りこみ、効率と効果を高めていきます。

SQuaREとは?

SQuaRE(Software product Quality Requirements and Evaluation)は、ソフトウェアの製品品質要求と検証に関して規定している国際規格です。
この規格の目的は、ソフトウェア製品を開発する人及び利用する人の品質要求を仕様化して検証を支援することにあります。

当社では、SQuaRE の「システム/ソフトウェア製品品質」と「利用時の品質モデル」の観点を基に検証を行います。

PAGE TOP