アプリ起動の手間を省く ~タスクバーにアプリをピン留め~

~ITの窓口スタッフで使用している便利機能を紹介します~

使用頻度の高いアプリをタスクバーにピン留めしておくことで、
スタートメニューからアプリを探して起動する手間を省いて起動させることができます。


 

「タスクバーにアプリをピン留めする」機能はWindows8からの機能ですが、
Windows7でも同じ機能で「タスクバーに表示する」機能があります。

 

今回は、以下の手順をご紹介します。

 

タスクバーにアプリをピン留めする方法

アプリの起動前

  1. ウィンドウ右下の[スタートメニュー] をクリックします。
  2. [すべてのアプリ] をクリックし、ピン留めしたいアプリを探します。
  3. ピン留めしたいアプリで右クリックします。
  4. [タスク バーにピン留めする] をクリックします。
    (Windows7では「タスクバーに表示する」を選択します。)
  5. タスクバーに設定したアプリのアイコンがピン留めされます。

アプリの起動中

  1. タスクバーから起動しているアプリのアイコンを選択し、右クリックします。
  2. [タスク バーにピン留めする] をクリックします。
    (Windows7では「タスクバーにこのプログラムを表示する」を選択します。)
  3. タスクバーに設定したアプリのアイコンがピン留めされます。

 

タスクバーからピン留めを外す方法

  1. タスクバーからピン留めを外したいアプリのアイコンを選択し、右クリックします。
  2. [タスク バーからピン留めを外す] をクリックします。
    (Windows7では「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を選択します。)
  3. タスクバーからピン留めを外したアプリのアイコンがなくなります。

 

☆☆ブログ内容への質問や追加説明をご希望の方は 【問い合わせフォーム】 こちら からお気軽にお問い合わせください☆☆